美味しい野菜に果物!夏ならではの北海道グルメ

夏の北海道は美味しいものの宝庫!

北海道と言えば、一年中、北海道ならではの美味しいものの宝庫です。今回は特に、夏ならではの北海道グルメをご紹介したいと思います。北海道と言えば、カニのイメージが大きいですが、美味しい海老がたくさんあるのをご存じでしょうか?特に夏、北海道に訪れる方に、いくつかご紹介したい海老があります。海老好きの方は大喜びされるのでは? 皆さま、「ブドウエビ」をご存じでしょうか?とても美味しくて、珍しい海老です。主に知床の羅臼漁港で水揚げされる海老です。ブドウエビは濃厚な味わいが魅力です。そして、独特なコリコリとした弾力もやみつきになります。ブドウエビの旬は7月から9月ですので、この時期に旅行される方は、探してみてくださいね!

まだまだあります、珍しい海老

二つ目は、特に初夏、6月下旬から7月下旬にかけてが旬の、「北海シマエビ」です。秋になり、10月下旬から11月上旬にもまた、漁期があります。北海シマエビは、知床半島と根室半島のちょうど真ん中あたりの、「のつけ湾」の名産です。北海シマエビは、鮮やかな赤色に縞模様が浮き出ている美しい柄で、大変美味しいです。獲れたてで新鮮な北海シマエビは、お刺身でいただくほかに、「躍り食い」が楽しまれています。この「躍り食い」にチャレンジすれば、旅の良い思い出になりそうですね!

今回は夏ならではの海老をご紹介しましたが、もちろん、皆さまよくご存じの「ボタン海老」も人気です。春と秋にボタンエビの漁が行われますが、秋のボタンエビの魅力はメスが抱える卵です。ぷりぷりの卵が大好きな方も多いのではないかと思います。新鮮なボタンエビをお刺身で頂くのは北海道旅行の醍醐味ですが、生ものが苦手な方は、フライにしても美味しいですよ。

函館旅行をする際に移動手段になるのは、新幹線を含めた電車・飛行機だけではありません。青森県東部や秋田の在住者はフェリーでアクセスし、レンタカーではなく自家用車で現地を旅できます。