路面凍結や吹雪…冬の北海道を楽しむための注意点

雪道の運転に注意しましょう

冬の北海道は一面の銀世界です。雪に太陽の光があたり、ダイヤモンドのようにキラキラと輝く景色は、夢の世界にいるようです。美しい大自然の中をドライビングするのは、ロマンチックですよね。北海道旅行でレンタカーを借りてドライブの予定はありますか?もちろん雪道の運転経験をお持ちですよね。もし初めてでしたら、注意していただきたいことがあります。道路は間違いなく凍結しています。特に怖いのが、黒っぽく濡れているように見えて、氷で覆われている状態です。ブラックアイスバーンと呼ばれています。凍結路面では、急発進・急ブレーキ・急ハンドルは厳禁です。いつもよりも車間距離を多めに取って、ゆとりのある運転を心がけましょう。

吹雪で周りが何も見えない

路面の凍結の次に怖いのが吹雪です。周りが全く見えなくなります。自分が今どこを走っているのかも分からなくなります。ホワイトアウトの状態です。そんな時は、ひたすら吹雪が晴れるのを待ってノロノロ走るしかありません。地元の人ですら、前の車のテールランプだけを頼りに後ろをついて行ったら、目的地と違うところに着いてしまったという笑い話があるくらいです。やはり車間距離を十分に取って、急ブレーキ・急ハンドルを避け、慎重な運転を心がけてください。お出かけ前に天気予報をよく確認しましょう。無理な外出は、しないほうがいい場合もあります。冬の北海道旅行を楽しみたいなら、雪道攻略は必須です。いつもとは違うという意識を持って、安全運転を心がけてください。

札幌旅行は、自然との触れ合いを楽しみつつ利便性も追求したい人向きといえます。何故なら約200万人の人口を誇る札幌の中心部は首都並みに都市開発が進んでいるからです。